あそ望山岳会
ホーム ご挨拶 会の紹介 年間計画 活動計画 活動報告 掲示板 山行報告ブログ 入会案内 おしらせ 資料室 リンク

画像掲示板 山行の報告などを画像つきで投稿できます。

   題名:岩屋ロックガーデン  お名前:ますも   投稿日:2011/9/14 (Wen) 23:35
11日佐賀県唐津市厳木町の岩屋ロックガーデンに行ってきました。

ユジンさん&ゼルプスさん・yamaakiさん&ますものペアで東稜4ピッチを登りました。
2ピッチ目のトラバースから少しのクライムダウンが怖かったです。

岩質は砂岩でしょうか??少し脆い気がします。

係りである自分は何故か体調不良でしたが、何とか役割を果たせたと思います。

写真は1ピッチ目リードのゼルプスさんです。

   Re:  お名前:ユジン   投稿日:2011/9/17 (Sat) 22:00
天気が良すぎだったですね〜マスモさん、皆さんお疲れさまでした!

   Re:  お名前:yamaaki   投稿日:2011/9/19 (Mon) 0:58
参加のみなさんお疲れ様でした。

車から降りてすぐの所でしたね。

砂岩のようです。

   題名:柿原公園〜二の岳・三の岳トレラン  お名前:yamaaki   投稿日:2011/9/11 (Sun) 0:29
皆さん こんばんは
10日(土)は午前中、柿原公園〜二の岳・三の岳トレランでした。
参加者:しろきりさん、イッセイさん、いなけいさん、レイさん、メグタンさん、gakki-さんと自分の計7名。台風がそれて思いがけなく好天となり昼にかけて気温も上がりましたが日陰の多いコース、脊梁トレランの練習にはいい緩斜面ガ続く往復30kは上級者に引っ張ってもらい充実した練習なりました。お世話になりました。

   題名:沢靴再生中  お名前:島地瓶   投稿日:2011/9/5 (Mon) 23:15
黒部で側面の縫い目が切れて砂が入り放題になっていた柳又アクア。祝子川のため新たにステルスラバーの沢靴を買いましたが、柳又も修理すればまだしばらく使えそうなのでフェルト底にリニューアルすることに。側面はボンドを塗った上から革工芸用の針で縫ってくっつけ、ソールはラバーを慎重にはがして釣具店で買ったフェルトを接着しているところです。十分乾かして余分なフェルトを切り落とせば完成といったところでしょうか。

   題名:祝子川ゴルジュ  お名前:島地瓶   投稿日:2011/8/28 (Sun) 19:36
 ぜルプスリーダーのもと、白きりさん、ますもさん、H井さんとともに行ってきました。8時過ぎ喜平越谷付近から入渓、10時前には吐野着というハイペースで進み、立ち止まって写真を撮っていると置いてきぼりになりそうでした。核心部分もハイレベルな面々により難なく突破され、少々呆気無いほどでした。 写真は幅狭のゴルジュを泳ぐ白きりさん

   Re:お疲れ様でした♪  お名前:りりぃ   投稿日:2011/8/28 (Sun) 20:46
昨日の夕方は熊本市内ではゲリラ豪雨だったりしたので心配しておりましたが、お天気も良く水量もほどほど?のようで、良かったですねー(*^^)v

遡行時間1時間45分!
下山報告を見た瞬間「私、行かなくて良かったぁ――――!!」って心底思いました。
だって、F1レースに若葉マークが参戦するようなものだったでしょうから…(;一_一)

それにしてもクリームソーダを連想させるような水の色。綺麗ですね♪

参加の皆様 お疲れ様でした。

   Re:祝子川本流ゴルジュ  お名前:ゼルプス   投稿日:2011/8/31 (Wen) 15:19
今回は、まれに見る絶好の遡行状態でした。天気も最高。水量もほどほど。
水温もあまり冷たくなく寒い思いもしませんでした。

ウルトラ鉄人、スーパークライマー、黒部渓谷若者、豪者など精鋭の皆さんの参加で緊張しました。

遡行があまりに早く回りの景色などあまり見ていません。

通常、核心が3ポイントですが水量が多かったか、水の流れが変わったか、最後に核心が1ポイント増えました。

誰でもトップを先行してもいいメンバーだったので、遡行時間がとても短かったようです。

核心部のゴルジュもロープは使わず、数珠つなぎ状態で遡行しました。

   題名:剱岳〜上ノ廊下遡行  お名前:島地瓶   投稿日:2011/8/11 (Trh) 13:09
8月4日 熊本〜京都〜室堂行き夜行バスに乗車
5日 室堂〜剱沢キャンプ場〜剱岳往復
6日 剱沢キャンプ場〜真砂沢〜ハシゴ谷乗越〜内蔵助平〜黒部ダム〜ロッジくろよん〜平の渡し〜針ノ木谷出合避難小屋
7日 避難小屋〜奥黒部ヒュッテ〜上ノ廊下〜中のタル沢出合
8日 中のタル沢出合〜薬師沢小屋
9日 薬師沢小屋〜黒部源流〜岩苔乗越〜鷲羽岳〜三俣山荘〜三俣蓮華岳〜双六小屋
10日 双六小屋〜小池新道〜新穂高温泉下山 高山、名古屋経由で帰熊
ロッジくろよん〜岩苔乗越まで山岳部の後輩2人と、あとは単独

 計画をすべて消化してきました。素晴らしいルート、良い天気、仲間に恵まれ、充実した山行に心から感謝感謝です。上ノ廊下はお盆すぎの適期に比べ、かなり水が多い中、今期第2登を果たしてきました。雪渓の残る源流を詰めて岩苔乗越近くのがれ場のからしみ出す最初の水は冷たくて何とも言えない甘みが印象的でした。写真は最初の難所口元のタル沢出合上流のゴルジュ

   Re:  お名前:島地瓶   投稿日:2011/8/11 (Trh) 13:11
最大の見せ場上の黒ビンガです

   Re:おつかれさまです  お名前:ますも   投稿日:2011/8/11 (Trh) 15:36
充実の山行が出来たみたいですね。
水が苦手な自分は写真を見ただけで怖くなります。

今度話を聞かせた下さい。

   Re:お疲れ様でした。  お名前:さち  HP:URL  投稿日:2011/8/27 (Sat) 10:02
1日で剣岳に登られた後、上の廊下〜源流の完全遡行ですか〜。
若いって羨ましいです。
私たちはロープ出しまくり&疲れて、奥黒部ヒュッテ〜薬師沢小屋まで3日かかりました。遡行中は余裕がなかったですが、写真を拝見して改めていい所だったな、と思います。

   Re:  お名前:島地瓶   投稿日:2011/8/28 (Sun) 19:26
 さち様こんにちは。今期初登パーティーの方ですね。お互い無事で何よりでした。今日も沢に行ってきましたが、黒部の水の冷たさと水流のパワーは別格だったと改めて感じました。8月後半はすっきりしない天気が続いたのであの時行っておいて本当に良かったと思います。

   題名:夏の遠征  お名前:キーボウ   投稿日:2011/8/9 (Thu) 14:46
皆さん こんにちは!

夏の遠征で、剱岳(八ッ峰)に行ってきました。
4日の夜に熊本を出発、5日の午前中に立山着。なんとか駐車スペースを見つけ、ケーブルカー・高原バスを乗り継いで室堂着。山頂付近は雲の中ですが、そこそこの天気です。剣御前小屋を越えて、一足先に剱沢のテン場に入った島地瓶氏に会って、剣山荘に到着。
夜中に雨が降ったようですが、星が出ているので早朝3時過ぎに出発。
剱沢を下り、長い長い長次郎雪渓を登ります。VI峰が近くになり、雪渓を離れがれ場から取り付きへ!
スタート時点ではすでに危ない天気に。先行組が4名いるようだが、追ってスタート。
順番は、キーボウ&りりぃ組、ゼルプス&マミリン組。少し濡れているが、易しいスラブをどんどん登りました。すぐに先行組に追いついてしまい順番待ちへ。
雨で濡れた岩でも微妙なフリクションは不要なので登れます。
頂上に立った時には結構な時間が経っていました。雨も止まないので、八ッ峰の縦走は諦め、V・VIのコルから長次郎雪渓に降りることにしました。ボロボロの下降は怖い。最後に50m一杯の懸垂下降。すっきりした壁を降りるのではなく、階段に近い状態なのでロープがぐちゃぐちゃに。4人降りるのに大変な時間がかかってしまいました。
最終日は剱御前を通って帰るのみでしたが、元気があり、剱の山頂を踏んでいないゼルプスさんとりりぃは早朝に剱岳を往復して帰途に着きました。
帰宅は8日の朝になってしまいました。
参加の皆さん、お疲れさまでした。

【ガスで高度感が湧かない4ピッチ目をトラバースするりりぃ。写真の右はすっぽりと切れ落ちている】

   Re:お疲れ様でした  お名前:toku   投稿日:2011/8/10 (Wen) 8:45
あいにくの天気だったようですね。
それでも剱岳を満喫されたようで良かったです。

八ツ峰は行きたいところだったんですがスケジュール的にも資金的にも厳しかったです。

   Re:剣岳遠征  お名前:ゼルプス   投稿日:2011/8/14 (Sun) 23:57
やっぱ、剣岳山頂の朝日が眩しく一番でした。

   Re:八ッ峰報告書  お名前:キーボウ   投稿日:2011/8/16 (Thu) 16:18
僕のBLOGに若干報告しています。
ご確認ください。

http://air.ap.teacup.com/seimei/

   Re:  お名前:タツ  HP:URL  投稿日:2011/8/23 (Thu) 0:06
山行ブログにもアップしました〜

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55



あそ望山岳会


内容に不備・不都合・間違い等がある場合はご連絡ください
ホームページ・コンテンツ及び画像の無断転載はご遠慮ください
Copyright (C) 2007.04.01 ASO-bow Alpine Club All rights reserved. CGI-design