あそ望山岳会
ホーム ご挨拶 会の紹介 年間計画 活動計画 活動報告 掲示板 山行報告ブログ 入会案内 おしらせ 資料室 リンク

画像掲示板 山行の報告などを画像つきで投稿できます。

   題名:というわけで日向神  お名前:フジミ   投稿日:2011/2/26 (Sat) 20:04
今日はBOROさんと日向神に行きました。天気が良くあたたかくてとても気持ちよかったです。

しかし前日、夕飯をいつものように作っていたら、皮むき器で左手の親指の腹の横のところをえぐり取ってしまい、なかなか血が止まらずえらい大変でした。今日のクライミングもバンドエイドを貼った親指の痛みをこらえながらやりました。どうも、二日酔いやケガが続き、いかんです。

BOROさんは相変わらず上手でした。2人でたくさん登れましたね!

最近カメラを持って行かず写真が撮れません。次は持って行こう。

   Re:お疲れ様でした  お名前:BORO   投稿日:2011/2/26 (Sat) 23:34
フジミさん、万全な状態で無いのにお付き合い有難うございました。
好天かつ暖か〜い1日でしたね。なのに岩場案外すいていて快適でしたね。
・・・後半久々にバルコニーエリアに行きましたが、春!!って感じで楽しかったな。いがいにテラノの終了点近辺が難しくRP逃してしまいましたよ。
前半、次郎に取り付き、相変わらずRP出来ませんでしたが、次回は・・・という感触は得ましたが。さて...

   題名:陶ヶ岳クライミング  お名前:yamaaki   投稿日:2011/2/22 (Thu) 1:22
土日の19,20、ナカノさんの企画で陶ヶ岳クライミングに参加しました。
参加者はナカノさん、マミリンさん、マスモさん、フジミさん、ユジンさんとIさん。調べてみたら会発足時2007年の11月以来の久々の陶ヶ岳でした。
1日目は午後セミナーパークに到着して、セパレーツライブズ、ダイヤモンドクラック、登攀遊戯、天使の階段などのあるエリアで楽しんだ後、千坊川砂防公園キャンプ場でテント泊、ナカノさん差し入れの高級ワインとキムチ鍋で宴会。キャンプ場は素晴らしく綺麗な施設、ほとんど貸切状態でした。
2日目はドラえもんクラック、エクササイズ、スタンドバイミー、しおりひも等のエリアで終日楽しみました。天気も二日目は後半には晴れ間もでて暖かく、快適でした。
クラッククライミングの難しさの醍醐味と高級ワインと陶ヶ岳からの眺めを満喫できた、楽しい二日間でした。参加の皆さん、お世話になりました。
それから近くの長沢温泉、年代物のいい雰囲気の温泉も良かったです。
ほとんど歯が立たなかったクラックですが、何度か通って登れるようになりたいものです。

   Re:  お名前:ユジン   投稿日:2011/2/24 (Trh) 15:31
初クラック、次回はちょっとで良いのでマスターしたいです、ナチュプロも…時間が足りなかったので少し残念でした、ナカノさんwineありがとうございました!また近いうちに是非行きましょう

   Re:陶ヶ岳クライミング〜♪    お名前:マミリン   投稿日:2011/2/26 (Sat) 11:19
久々のクラックは、やはり歯がたたなかったけど、
何となくイメージが掴めてくると、またチャレンジしたい思う痛さ(笑)

二日間、楽しかったです。
企画してくださったナカノさん、ワインご馳走さまでした。
毎年、定期的に企画をお願いします(^^)v

   Re:ワインおいしかったです!  お名前:フジミ   投稿日:2011/2/26 (Sat) 19:57
今更ながら1週間前を振り返りますが、皆さんお世話になりました。ありがとうございました。特にナカノさん、大変ありがとうございました。

夜のワインがおいしすぎて、もう絶対こんなワイン飲めない、一生に一度だと本気で思って、飲めないくせに何杯もおかわりしていたら、次の日ひどい二日酔いで午前中を棒に振りました・・・おっちょこちょいなのです。

しかもせっかく陶ヶ岳まで行っておいて、ほとんどクラックはやらず、全く何を考えているのでしょう。

ボルトのルートもぼくには難しすぎて、本州の岩場は歯が立たないことがよくわかりました。また、日向神で練習します。

でもねえ、楽しかったです。夜の買い出し、温泉、テントの中の鍋とワイン、そんなのが一番楽しかったです!

   題名:最高の天気  お名前:toku   投稿日:2011/2/20 (Sun) 15:01
昨日、大船山に登ってきました。
最高の天気で四国まで見えました。
新燃岳の噴煙や英彦山も見えました。

写真は途中のミルクロードの朝やけです。

   題名:祖母山での大雪  お名前:ghkato   投稿日:2011/2/14 (Mon) 21:48
ごぶさたしています。
祖母山で積雪1メートル越えました。
山小屋行ったらいままで無かった風景となりました。おそらく生きているうちにこんな風景であうことのないくらいの特別な冬となりました。

いただいた写真ですが、付けます

   Re:1mですか?  お名前:キーボウ   投稿日:2011/2/15 (Thu) 0:37
小屋番さん こんばんは!

積雪のすごさがわかる写真をUPしてもらえませんか?
行きたいところですが、今週、来週と動きが取れません。
そのうち、春の兆しが出てきますね。
またおじゃまします!よろしく!

   題名:iPhoneのGPSアプリいいですね 数百円  お名前:yamaaki   投稿日:2011/2/13 (Sun) 22:14
山用のiPhoneのGPSアプリ:DIY GPS
http://keijiweb.com/down/diygps/main.html
サイクリング用のiPhoneのGPSアプリ:GPS-Trk2
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/blog-entry-351.html
ランニング用のiPhoneのGPSアプリ:RunKeeper
http://ipodtouchlab.com/2008/08/iphone-runkeeper-233.html

本格的な高いGPS専用機に比べ、iPhoneと数百円のアプリを買うだけでできてしまう、iPhoneに乗り換えたいですが、ウイークポイントである他社に比べて電波が入りにくい状況が解消されるといわれる700/900MHz帯の割当はまだ先になりそうです。
携帯とiPhoneを両方持てばいいんでしょうが経済状況が許しません。
それにしても、いろんなアプリが使えるiPhoneは魅力的ですね!
おじさんにはiPhone関係ないと思ってましたが、使わないと損という気がしてきました。
お断りしておきますが、当方、ソフトバンクとは全く関係ない者です。

   題名:九州自然歩道(宇土半島)へプチジョグ  お名前:yamaaki   投稿日:2011/1/31 (Mon) 23:42
大山が中止になったので、遅く起きて九州自然歩道の宇土半島トレランコース確認へ。
車で赤瀬から石打へ、みかん畑の細道を進むが最後はすごい藪となり、ようやく石打駅到着。モダンな黄色の無人駅、石打駅、気に入りました。トイレも電話もありました。
東に進んで九州自然歩道の案内板がありました。石打ダム右岸を進み米の口到着し米の口に車を置いて大岳まで往復ラン。往復1.5時間、往復距離6k、標高差200m位? 石打ダムもトイレありました。
米の口付近は一般道が入り込みわかりずらいが、だいたい、分岐には標識がありました。
車で石打へ戻り、更に、中村を経由して高野山の登山口に到着。高野山の登山口、あまりはっきりせず白い建物(施設)の左横が登山ルートであることを確認。ミカン畑の農道や一般道が自然歩道だったりして入り組んでいました。
高野山山頂、更に100m降りて、三角岳登山口、三角岳の中腹まで来て時間がなくなったので車のところまで折り返しました。
約2時間、往復距離8k、標高差300m。
帰りに、もう一度、前回の緑川駅から轟水源までのルート、そこから白山へ向かう道の入口を車で確認に行ってこの日の調査は終了。
夕方6時前に帰宅。
これで、緑川駅〜三角駅のトレランコースは凡そ大丈夫。
風が強かったですが、天草に近いこともあって気温は内陸より幾分高め、ときおり青空も。
九州自然歩道、大岳、三角岳の登山ルート以外は、だいだいコンクリートですが、其れほど足に来ない感じでした。
高野山の登りはミカン畑の中、ルートを見失いましたが、おおよそ九州自然歩道、整備されてます。道標も多いです。肝心なところが抜けていたりしますが、少し迷えばリカバリー可能。
海の見える高台、ミカン畑中のランは気分いいです。
次に機会があれば、天気のいい日に、緑川駅から三角駅までノンビリ、32kフルコースを走します。
この日の走距離14k、時間3.5時間、標高差約500m

写真:高野山へ行く途中、海の向こうに雲仙岳がかすかに。。。

   Re:おもしろそう  お名前:toku   投稿日:2011/2/2 (Wen) 12:17
景色も良く、変化もあって、面白そうですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55



あそ望山岳会


内容に不備・不都合・間違い等がある場合はご連絡ください
ホームページ・コンテンツ及び画像の無断転載はご遠慮ください
Copyright (C) 2007.04.01 ASO-bow Alpine Club All rights reserved. CGI-design