あそ望山岳会
ホーム ご挨拶 会の紹介 年間計画 活動計画 活動報告 掲示板 山行報告ブログ 入会案内 おしらせ 資料室 リンク

画像掲示板 山行の報告などを画像つきで投稿できます。

   題名:阿蘇  お名前:toku   投稿日:2011/1/24 (Mon) 23:19
22日に阿蘇へ行ってきました。
とてもいい天気でした。

高岳東峰へはかなりのラッセルが必要でした。
100m行って戻ってきました。(^^ゞ

写真は中岳南方の尾根から中岳方面の写真です。

   Re:高岳  お名前:toku   投稿日:2011/1/24 (Mon) 23:21
思い出深い場所からの写真です。(^^ゞ

   題名:祖母山スノーシュー登山  お名前:島地瓶   投稿日:2011/1/10 (Mon) 17:56
りりぃさんとの異色コンビで行ってきました。
神原ルートの往復ですが天気も思ったほど悪くなく楽しめました。
登山口から5合目小屋付近までは大した積雪もなく「スノーシューは本当にいるのか」という厳しい指摘も受けましたが、徐々に雪が深くなり、国観峠の手前の登りから使うことに。傾斜がだんだん強くなり、前に登った人も撤退したらしくトレースもなくなり、まあまあのラッセルでした。
 倒れて道をふさいだ木を迂回するのに雪まみれになり国観峠に出たときはホッとしました。青空も見え最高の気分。上部は北谷からのトレースが山頂まで続いていたので、途中でスノーシューをデポして登頂。登りは4時間強。9合目小屋につながる道は全くトレースがありませんでした。
 山頂は曇りで見通し利かず。縦走路も歩かれてないようでした。
 下りは一転ハイペースで高度を下げ、2時間もかからずに下山しました。
 アプローチの積雪もさほどなく、時間もほぼ計画通りと適度な山登りでした。写真は霧氷がきらめく国観峠

   Re:楽しいスノーシュー♪  お名前:りりぃ   投稿日:2011/1/10 (Mon) 19:33
日曜日にマミリンさんと九重に行ったら、牧ノ戸第一展望台付近でスノーシューで遊んでいるお二人を見ました。
とても楽しそうで、これは去年買ったままにしておくスノーシューを使わない手はないよね! なんで私たち持ってこなかったんだろうね〜(ーー;)と後悔しきり。

今日も天気予報ではあまり良くなかったようですが、青空も見えてました。
今日は本当に楽しかったです。でも、登りは本当に本当にきつかった(+_+)  
下りは、左右前後に転び、いえ転がりながら雪まみれになりつつもおもしろかったです♪
しかしながら、さすが祖母山。すごーく疲れました(@_@;)

島地瓶さんの言うとおり、国観峠の樹氷の美しさは格別でした。
一見の価値ありですよ♪

島地瓶さん お世話さまになりましてありがとうございました。

   Re:楽しそうですね  お名前:いなけい   投稿日:2011/1/12 (Wen) 20:32
天気もまずますだった様で、
楽しく拝見しました。


異色なんですか?
絶妙だったんでは?
お疲れ様でした!

   Re:山行ブログもアップしてます^^  お名前:タツ   投稿日:2011/1/24 (Mon) 11:59
こんばんは!
山行ブログアップしてます!
銀白の世界は綺麗ですねぇ〜。。

寒そうですが。。
http://asobow.sblo.jp/

   題名:新年初登り  お名前:BORO   投稿日:2011/1/9 (Sun) 13:01
皆様、本年も宜しくお願い致します。
昨日、日向神道端エリアで初登り。会長はじめフジミさん、ますもさん、その友人、OGTさんで "一郎" の終了点付近の氷柱も解けない中の寒ーイ、クライミングでした。
心地良い日差しの中でのクライミングっと言いたいところでしたが、登れば登るほど指先凍る状況。チョークバックに携帯カイロを忍ばせての、"花子" のトライでは、終了点前に指先感覚麻痺でフォール!? ってな感じでした。
(・・・成果なしでしたが個人的には楽しめましたよ。次郎は駄目でしたが、懲りずに冬クライミング楽しみたいと思ってます。)
写真は太郎再登のキーボウさん



   Re:寒かったです  お名前:フジミ   投稿日:2011/1/10 (Mon) 8:21
たしかに・・・寒かったですねえ。スラブ壁は午前中は湿っている状態でフリクションが効かずすごく難しく、BOROさんの写真にある太郎が一番コンディションとしてはいい状態。で、新年のあいさつ代わりに太郎に登りましたが、終了点のガバをとるところで、言い訳させてもらえば、寒さで手が効かなくなり、結構な距離、落ちました。腿を強打して、まともに歩けないくらい痛かったのですが、2日たってだいぶよくなりました。

やっぱり太郎は、下も上も落ちたときヤバイことになりそうで、恐怖心との対峙のしかたもこのルートの特徴だと思います。

ますもさんのお友達にいただいた、おイモさん入りのぜんざいがおいしかったです。ありがとうございました!

   題名:阿蘇  お名前:toku   投稿日:2011/1/7 (Fry) 17:25
阿蘇へ行ってきました。

天気予報は曇り、昨日はやめておこうと思っていましたが
今朝起きたらいい天気!
朝から、バタバタして準備をして行ってきました

砂千里から中岳、高岳ピストンの予定でしたが
あわてると何か忘れます。
スパッツと日焼け止めを忘れました。

ラッセルの練習ができると思ったんですがスパッツ無しでやる根性はなく
アイゼンとピッケルを使った歩行練習だけして帰ってきました。

砂千里からの登山道の左側の尾根に登ってきました。

   題名:九重雪  お名前:toku   投稿日:2011/1/4 (Thu) 22:25
大山のトレーニングも兼ねて?

九重へ行ってきました。

yamaakiさんの4輪駆動車で楽々、牧ノ戸峠へ
天気は今一で景色はさっぱりでした。

しかし、雪はさらさらでたっぷり、御池(みいけ)まで雪上歩行を楽しんできました。

北九州から軽トラで来られたお二人にも会いました。
カトーさんだったかな?

   Re:お疲れ様でした  お名前:yamaaki   投稿日:2011/1/5 (Wen) 23:22
毎年一度は雪と戯れるのが年中行事です。
けっこうな雪でしたがトレースがあったので楽だったですね。
トレースの無い深い所でも腰までは無かったので雪の量としては丁度良かったし、低温が続いていているようで雪が溶けてないし快適でした。
ただ、4WD+チェーンでも、一ノ宮の坂からの長い雪道のアプローチ
は気を使いました。大山の方がICから降りて近いからよっぽど楽。
それにしても年末からずっと雪空の九重は珍しいですね。
天気よければ週末も十分楽しめそうですよ。
でも、僕は、雪は年1回でいいかな〜
もちろん、大山8合尾根は九重とはぜんぜん違うので楽しみですが。。。
なんせ、今度の大雪で200センチ近くの積雪でしょうから厳しいのかな?

   題名:高岳と根子岳  お名前:島地瓶   投稿日:2011/1/5 (Wen) 8:40
 年末からの雪がやんだ2日と3日に、高岳と根子岳にそれぞれ登ってみました。
 2日の高岳は山上広場に車を止め徒歩で砂千里登山口へ、中岳経由で往復。砂千里から中岳南峰へ谷筋を登るあたりが雪が深く、左側の尾根の雪が少ないところを選んで登りました。稜線上は積雪が少なく、山頂付近は30〜40センチのエビのしっぽがびっしりついていました。登頂前後だけガスにまかれて展望はいま一つ。
 3日の根子岳は大戸尾根から東峰往復。すでにトレースがありました。下部は雪が融けてドロドロになりつつあり、下りでは苦労。山頂付近はすねくらいの積雪でした。こちらも山頂は曇りがちでしたが、なんとか写真を撮りました。
 4日は仙酔峡に行きましたが、すでに滝の氷が大きくなっています。週末あたり赤谷へアイスクライミングにいける方はいらっしゃいませんか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56



あそ望山岳会


内容に不備・不都合・間違い等がある場合はご連絡ください
ホームページ・コンテンツ及び画像の無断転載はご遠慮ください
Copyright (C) 2007.04.01 ASO-bow Alpine Club All rights reserved. CGI-design