あそ望山岳会
ホーム ご挨拶 会の紹介 年間計画 活動計画 活動報告 掲示板 山行報告ブログ 入会案内 おしらせ 資料室 リンク

画像掲示板 山行の報告などを画像つきで投稿できます。

   題名:iPhoneのGPSアプリいいですね 数百円  お名前:yamaaki   投稿日:2011/2/13 (Sun) 22:14
山用のiPhoneのGPSアプリ:DIY GPS
http://keijiweb.com/down/diygps/main.html
サイクリング用のiPhoneのGPSアプリ:GPS-Trk2
http://lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/blog-entry-351.html
ランニング用のiPhoneのGPSアプリ:RunKeeper
http://ipodtouchlab.com/2008/08/iphone-runkeeper-233.html

本格的な高いGPS専用機に比べ、iPhoneと数百円のアプリを買うだけでできてしまう、iPhoneに乗り換えたいですが、ウイークポイントである他社に比べて電波が入りにくい状況が解消されるといわれる700/900MHz帯の割当はまだ先になりそうです。
携帯とiPhoneを両方持てばいいんでしょうが経済状況が許しません。
それにしても、いろんなアプリが使えるiPhoneは魅力的ですね!
おじさんにはiPhone関係ないと思ってましたが、使わないと損という気がしてきました。
お断りしておきますが、当方、ソフトバンクとは全く関係ない者です。

   題名:九州自然歩道(宇土半島)へプチジョグ  お名前:yamaaki   投稿日:2011/1/31 (Mon) 23:42
大山が中止になったので、遅く起きて九州自然歩道の宇土半島トレランコース確認へ。
車で赤瀬から石打へ、みかん畑の細道を進むが最後はすごい藪となり、ようやく石打駅到着。モダンな黄色の無人駅、石打駅、気に入りました。トイレも電話もありました。
東に進んで九州自然歩道の案内板がありました。石打ダム右岸を進み米の口到着し米の口に車を置いて大岳まで往復ラン。往復1.5時間、往復距離6k、標高差200m位? 石打ダムもトイレありました。
米の口付近は一般道が入り込みわかりずらいが、だいたい、分岐には標識がありました。
車で石打へ戻り、更に、中村を経由して高野山の登山口に到着。高野山の登山口、あまりはっきりせず白い建物(施設)の左横が登山ルートであることを確認。ミカン畑の農道や一般道が自然歩道だったりして入り組んでいました。
高野山山頂、更に100m降りて、三角岳登山口、三角岳の中腹まで来て時間がなくなったので車のところまで折り返しました。
約2時間、往復距離8k、標高差300m。
帰りに、もう一度、前回の緑川駅から轟水源までのルート、そこから白山へ向かう道の入口を車で確認に行ってこの日の調査は終了。
夕方6時前に帰宅。
これで、緑川駅〜三角駅のトレランコースは凡そ大丈夫。
風が強かったですが、天草に近いこともあって気温は内陸より幾分高め、ときおり青空も。
九州自然歩道、大岳、三角岳の登山ルート以外は、だいだいコンクリートですが、其れほど足に来ない感じでした。
高野山の登りはミカン畑の中、ルートを見失いましたが、おおよそ九州自然歩道、整備されてます。道標も多いです。肝心なところが抜けていたりしますが、少し迷えばリカバリー可能。
海の見える高台、ミカン畑中のランは気分いいです。
次に機会があれば、天気のいい日に、緑川駅から三角駅までノンビリ、32kフルコースを走します。
この日の走距離14k、時間3.5時間、標高差約500m

写真:高野山へ行く途中、海の向こうに雲仙岳がかすかに。。。

   Re:おもしろそう  お名前:toku   投稿日:2011/2/2 (Wen) 12:17
景色も良く、変化もあって、面白そうですね。

   題名:倶利伽羅大滝  お名前:島地瓶   投稿日:2011/1/30 (Sun) 19:32
 大山が大雪予報で中止(延期?)になったため、南阿蘇にある倶利伽羅谷へ凍結した滝を見に出かけました。メンバーは白霧さん、TOKUさん、りりぃさん、まみりんさんと私。
 アイゼンをつけて基部に登ると独特の氷の凹凸に自然の神秘を感じました。帰りは下流にある有名なスポット清水滝に立ち寄り帰宅。見物時間を含め往復3時間くらいでした。

   Re:氷柱の裏側  お名前:りりぃ   投稿日:2011/1/30 (Sun) 21:39
時折小雪が舞い降りたりする天気でしたが、思ったより寒くなくてホッとしました。

参加の皆さん、特にガイド兼カメラマンの島地瓶さんにはお世話さまになりました。ありがとうございました。
とても楽しかったです♪
時間的には短かったけど、私的には中身はギュッととても濃厚でした。
(それは、いろんな初体験をしたから(>−<;))


滝の裏側の画像です。
撮影:島地瓶さん

   Re:今年は大雪状態  お名前:ゼルプスター   投稿日:2011/1/31 (Mon) 23:11
倶利伽羅谷の氷柱もすごいですね。観光用で登るのは×でしょう。

今年は、去年の年末から寒波襲来で九州、福岡も大雪状態です。

本当に九州の主な山が、蔵王状態です。すごい大雪。

雪が深いと鹿も撤退するのがわかりました。足が届かず胴体だけでは先に進めません。また雪が深いと雪や雪の倒木で道が分かりません。しかし、自然の動物はすごいです。歩き易い所を選んで雪道を行きます。

大雪ため道迷いの人間に鹿が道を教えてくれました。

人間も自然の中では謙虚に。

   Re:倶利伽羅大滝〜2  お名前:マミリン   投稿日:2011/1/31 (Mon) 23:39
昨日は案内ありがとうございました(^^)
ブルーの氷柱はきれいでした。
職場で皆に画像を見せて、自慢しまくりでした♪
でも、掲示板に載せた画像のほうが良かったような気がします(^0^)

ところで、ゼルプス☆さん この画像はどちら?

   Re:  お名前:りりぃ   投稿日:2011/1/31 (Mon) 23:48
ゼルブ☆さん いくら登ってみたい衝動に駆られたとしても、登ったりしたらツララの槍が『インディージョーンズ』ばりに上から降って来そうで恐いです…(;一_一)

自然と命は大事にしなくっちゃ♪

(ちなみに両手に持っているアックスは、ここまで来るのに必要だったからですよー 決して初登頂を狙ったわけではなくってよ(#^.^#) )

   Re:きれい  お名前:toku   投稿日:2011/2/2 (Wen) 12:17
お疲れ様でした。

滝の裏まで行きたかった。

   題名:阿蘇  お名前:toku   投稿日:2011/1/24 (Mon) 23:19
22日に阿蘇へ行ってきました。
とてもいい天気でした。

高岳東峰へはかなりのラッセルが必要でした。
100m行って戻ってきました。(^^ゞ

写真は中岳南方の尾根から中岳方面の写真です。

   Re:高岳  お名前:toku   投稿日:2011/1/24 (Mon) 23:21
思い出深い場所からの写真です。(^^ゞ

   題名:祖母山スノーシュー登山  お名前:島地瓶   投稿日:2011/1/10 (Mon) 17:56
りりぃさんとの異色コンビで行ってきました。
神原ルートの往復ですが天気も思ったほど悪くなく楽しめました。
登山口から5合目小屋付近までは大した積雪もなく「スノーシューは本当にいるのか」という厳しい指摘も受けましたが、徐々に雪が深くなり、国観峠の手前の登りから使うことに。傾斜がだんだん強くなり、前に登った人も撤退したらしくトレースもなくなり、まあまあのラッセルでした。
 倒れて道をふさいだ木を迂回するのに雪まみれになり国観峠に出たときはホッとしました。青空も見え最高の気分。上部は北谷からのトレースが山頂まで続いていたので、途中でスノーシューをデポして登頂。登りは4時間強。9合目小屋につながる道は全くトレースがありませんでした。
 山頂は曇りで見通し利かず。縦走路も歩かれてないようでした。
 下りは一転ハイペースで高度を下げ、2時間もかからずに下山しました。
 アプローチの積雪もさほどなく、時間もほぼ計画通りと適度な山登りでした。写真は霧氷がきらめく国観峠

   Re:楽しいスノーシュー♪  お名前:りりぃ   投稿日:2011/1/10 (Mon) 19:33
日曜日にマミリンさんと九重に行ったら、牧ノ戸第一展望台付近でスノーシューで遊んでいるお二人を見ました。
とても楽しそうで、これは去年買ったままにしておくスノーシューを使わない手はないよね! なんで私たち持ってこなかったんだろうね〜(ーー;)と後悔しきり。

今日も天気予報ではあまり良くなかったようですが、青空も見えてました。
今日は本当に楽しかったです。でも、登りは本当に本当にきつかった(+_+)  
下りは、左右前後に転び、いえ転がりながら雪まみれになりつつもおもしろかったです♪
しかしながら、さすが祖母山。すごーく疲れました(@_@;)

島地瓶さんの言うとおり、国観峠の樹氷の美しさは格別でした。
一見の価値ありですよ♪

島地瓶さん お世話さまになりましてありがとうございました。

   Re:楽しそうですね  お名前:いなけい   投稿日:2011/1/12 (Wen) 20:32
天気もまずますだった様で、
楽しく拝見しました。


異色なんですか?
絶妙だったんでは?
お疲れ様でした!

   Re:山行ブログもアップしてます^^  お名前:タツ   投稿日:2011/1/24 (Mon) 11:59
こんばんは!
山行ブログアップしてます!
銀白の世界は綺麗ですねぇ〜。。

寒そうですが。。
http://asobow.sblo.jp/

   題名:新年初登り  お名前:BORO   投稿日:2011/1/9 (Sun) 13:01
皆様、本年も宜しくお願い致します。
昨日、日向神道端エリアで初登り。会長はじめフジミさん、ますもさん、その友人、OGTさんで "一郎" の終了点付近の氷柱も解けない中の寒ーイ、クライミングでした。
心地良い日差しの中でのクライミングっと言いたいところでしたが、登れば登るほど指先凍る状況。チョークバックに携帯カイロを忍ばせての、"花子" のトライでは、終了点前に指先感覚麻痺でフォール!? ってな感じでした。
(・・・成果なしでしたが個人的には楽しめましたよ。次郎は駄目でしたが、懲りずに冬クライミング楽しみたいと思ってます。)
写真は太郎再登のキーボウさん



   Re:寒かったです  お名前:フジミ   投稿日:2011/1/10 (Mon) 8:21
たしかに・・・寒かったですねえ。スラブ壁は午前中は湿っている状態でフリクションが効かずすごく難しく、BOROさんの写真にある太郎が一番コンディションとしてはいい状態。で、新年のあいさつ代わりに太郎に登りましたが、終了点のガバをとるところで、言い訳させてもらえば、寒さで手が効かなくなり、結構な距離、落ちました。腿を強打して、まともに歩けないくらい痛かったのですが、2日たってだいぶよくなりました。

やっぱり太郎は、下も上も落ちたときヤバイことになりそうで、恐怖心との対峙のしかたもこのルートの特徴だと思います。

ますもさんのお友達にいただいた、おイモさん入りのぜんざいがおいしかったです。ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56



あそ望山岳会


内容に不備・不都合・間違い等がある場合はご連絡ください
ホームページ・コンテンツ及び画像の無断転載はご遠慮ください
Copyright (C) 2007.04.01 ASO-bow Alpine Club All rights reserved. CGI-design